2018年11月27日(火曜日)
「伊藤志宏 SOLO piano」東川公演
開場:18時半 / 開演:19時

【会 場】
小西健二音楽堂
○東川町東町1丁目16番1号
○Web ▶https://town.higashikawa.hokkaido.jp/living/facilities/pdf/konishipanhu.pdf

【お問合せ・前売予約】
聴雪庵
○札幌市中央区南5条西4丁目 すすきの寿ビル一階
○Tel.011-555-4953
○Mail:chousetsuan@icloud.com
○Web ▶ chousetsuan.com

Less Higashikawa
○北海道上川郡東川町南町1-1-6
Less Higashikawa
○TEL.0166-73-6325
○info@less-style.net

【お問合せ・ご予約に関しての注意事項】
※ご予約の際は「代表者お名前・電話番号・人数」をお知らせください。
※会場への直接のお問い合せはご遠慮ください。
※問合せはすべて上記メール又は電話へお願いします。
※駐車場はございません。公共交通機関のご利用をお願いします。

【Biography】
伊藤志宏 / shikou ito
1977年8月28日生まれ。東京出身 ちなみに乙女座A型。

五歳の頃より祖父の岸川基彦にクラッシックピアノを師事する。
14歳のとき東京交響楽団とベートーベンピアノコンチェルト三番を共演好評を博す。
慶応義塾経済学部入学後セロニアスモンクのソロピアノのCDを聞いて「ジャズもいいかも」 と思い
独学で始め音楽理論も同時に一人で学ぶ。
23歳くらいからいつの間にかライブを始めるようになりプロ活動を開始。
特にドラム、ベースのいない変則形態における演奏には定評がある。
今現在、ソロピアノ、ピアノトリオ、3 cello varistion、audace、など多様な編成での独自の活動を模索中。
また沢山の歌手から伴奏者、アレンジャーとして信頼を寄せられ演奏以外に映画音楽の作曲なども手がけている。 【リーダー作】
●2012年10月
自身の初リーダー、プロデュース作品「ladies & pianoman」を発表。
ウイリアムス浩子、畠山美由紀、青木カレン、一青窈、たなかりか等10人のボーカルを集め、
ジャズスタンダードを独自の解釈で表現。
●2013年1月
初のsolo piano album「ヴィジオネール」を発売。
ホールでの一発録音、全曲オリジナル作品の快作。
●2014年6月
自身と3人のcelloで構成された、伊藤志宏 3 cello variationによるリーダー作三枚目「タペストリア」を発表。
一曲、朗読に女優の緒川たまきを迎えた全曲オリジナルの野心作。
●2017年10月
初のピアノトリオアルバム「毒ある寓話」をPony Canyonから発売。
自身のリーダ作では初のメジャーレーベルからのリリース。
●2018年9月
3 cello variation 2nd album「ノクティオドリア」発売。 【audace】
22歳の頃にフランス人アコーディオン奏者リシャールガリアーノを聞いてボタンアコーディオンを独学ではじめ、
クラリネットの北田学と二年前に「audace」を結成。
民族音楽、現代音楽、即興演奏などをとりいれたユニットで、アコーディオン奏者としても活動中。
audaceではビクターから発売されているコンピレーション作品に二つ程参加。
『RE-ENTER THE DRAGON』(ブルースリートリビュート集)にてプロデュース、アレンジを担当。
ナレーション(詩の朗読)に女優の緒川たまきを迎え共演。
また世界的映画監督ガス ヴァン サントの処女作品「マラノーチェ」に捧げるイメージサウンドトラック
『LUMBER JACK SHIRTS NIGHT』にて作曲、プロデュースを担当。
2010年にはランブリングレコードから二枚の作品「pass-port」を発表。
2016年3rd album「laperirostum」を発表。
○伊藤志宏/公式サイト ▶ www.shikoupf.com