CAROL PANESI / PRIMEIRAS IMPRESSOES

「CAROL PANESI / PRIMEIRAS IMPRESSOES」

エルメートのブレーンであるイチベレ・ツヴァルギのグループに13年間所属していたという女性マルチ器楽奏者、カロル・パネージが自身のグループを率いてデビュー。サロモン・ソアレス (ピアノ), ゲゲー・メデイロス (ドラムス), ジャクソン・シルヴァ (ベース) といったサンパウロを代表するミュージシャン達を自身のグループに迎えつつ、ヴァイオリンからフリューゲルホルン、鍵盤楽器までを自身でこなす全14曲は、エルメート直系のプログレッシブな部分がありつつも、ヴァイオリンという楽器の特性もあり、よりクラシカルかつ流麗に洗練された印象を与えます。数曲で弦楽四重奏が加わるほか、レア・フレイリ、御大エルメート・パスコアルがゲストで参加。とりわけ#8-12までの5曲はエルメートが連続で参加。天衣無縫なパフォーマンスで全体に活気を与えるなど、エルメート・ファンにも見過ごせない作品です。